満月堂 Voice

PurifayingBase満月堂から、日々の出来事、お知らせをお伝えいたします。

 

 

あらためて「皆神山」の話

「皆神山」ってどんなパワースポットなの? と聞かれることが多いのですが、 一口に簡単に説明できないのが、この「皆神山」です。 一般に知られる「皆神山」情報をまとめると、 ①奈良時代から修験の道場があった。 ②明治~昭和初期に栄えた大本教の出口王仁三郎から、世界の中心とのお墨付きを与えられた。 ③昭和20年頃、首都移転先候補地として計画され、実際に工事も進められた。 ④昭和40年から約3年続いた「松代群発地震」の震源でもあり、山全体が光る謎の発光現象が起こった。 ⑤その形成過程が不明で、人工物のピラミッドの説あり。 ⑥天の浮船などUFO的な古代宇宙船の基地という説あり。 などなど、 普通の神社仏閣とは毛色の違う、 いわゆるオカルト好きにはたまらない異色のパワースポットになります。 皆神神社のご祭神は 「出速雄命(いづはやおのみこと)」という、 諏訪を頂点にする土地の開拓神ですが、 諏訪の神である「建御名方命(たけみなかたのみこと)」は、 天孫降臨第一派「饒速日命(にぎはやひのみこと)」を祖とする還りユダヤの物部グループ、 そして、 大和を神武天皇に明け渡した国津神の「長髄彦」に繋がりますので、 この神様も歴史は浅いのでしょう。 もちろん、 造化神と比べて相対的に、という意味においてです。 出口王仁三郎さんと出口なおさんの「大本神諭」では、 ガイア神とも言うべき、地球の霊的な存在が、 「国常立大神(くにとこたちのおおかみ)」となっていますが、 更にその女性性が顕現された姿が、 「稚日女君命(わかひめぎみのみこと)」となります。

ページタイトル

特集記事
タグから検索
最新記事
アーカイブ

満月堂主

望月均のブログです!

旧ブログ(JUGEM)

2015年2月~9月

新ブログ(アメブロ)

2016年9月~

Purifying  Base

MANGETSU-DO

© 2013 by Purifying Base 満月堂